主食もデザートも

MENU

主食もデザートも

イギリス料理には、似ている名前であっても形態が全く違う料理が多いので注意しましょう。
その最たる例が「プディング」です。
日本語では、甘くてプルプルしたお菓子を思い浮かべる人が多いことでしょう。
イギリスでは、おかずやケーキなど様々な料理を指すのです。
例として、ヨークシャー・プディングというイギリス料理について見ていきます。
小麦粉や卵、牛乳を混ぜた生地を型に入れて焼くパイの様なものです。
わずかな塩味しかしないので、主食として食べられることが多い料理になります。
ローストビーフの様に味が濃いメインディッシュとともに頂くのが一般的です。
クリスマスケーキとして食べられているプディングにも注目です。
クリスマスプティングは、普通のケーキと全く違います。
作ってすぐよりも、1月ほど寝かせたものの方が好まれるのです。
ラム酒やブランデーに漬けこんだドライフルーツを生地に混ぜて焼いた料理なので、保存性が高くなっています。
ドライフルーツが舌に絡む食感は、1度食べたらやみつきです。
イギリスでは、クリスマスプディングをオーブンに入れる前に、願い事をと共にボタンやコインを生地に混ぜるという習慣があります。
最近では、クイーンオブプディングというケーキに近いプディングも登場しています。
カスタードクリームの甘さとラズベリーの酸味が絶妙にマッチしているため、見かけたら1度食べてみることをオススメします。

デザートから主食までカバーしているプディングは、オードブルのメニューとしても人気です。
クリスマスパーティーや宴会で、プディングを食べ尽くしてみてはいかがでしょうか?