パーティーに最適!オードブルでイギリス料理を堪能しよう

MENU

日本に浸透したイギリス料理

日本人の中には、イギリス料理は美味しくないという誤解が蔓延しています。
そのような評判を鵜呑みにしていては、美味しい料理との出会う機会を失ってしまうのです。
味覚は人それぞれ違います。
実際に食べたことも無いのに、風潮に流されてイギリス料理を忌避するのは勿体ないことです。
そもそも、そういった誤解が生まれたのは、イギリス料理の親しみやすさに原因があるのです。
日本でメジャーなイギリス料理は、ローストビーフです。
クリスマスには、七面鳥やチキンではなくローストビーフを食べる。
そんなご家庭も多いのではないでしょうか?
チキン料理よりも安価なので、最近ではローストビーフを楽しむ方が増えているようです。
ホームパーティーのような、ちょっとした集まりにはサンドウィッチが活躍します。
これも立派なイギリス料理なのです。
ご紹介した通り、イギリス料理の味は私たちの舌に深く染みついているため、
いまさら意識することは少ないのです。
オードブルとして食べられている料理の中にも、イギリス料理は数多く存在します。
イギリス料理の持つ親しみやすさは、人と人の結びつきも強めるのです。
新入社員の歓迎会では、手軽に食べられる料理が好まれます。

会話が詰まったときに、口に運べるものとして先述したサンドウィッチなどが役立つのです。
改めて見直してみると、オードブルとイギリス料理は相性抜群ということになります。
この2つの魅力を知ることが、イベントを成功させるカギといえるのです。
イギリス料理の親しみやすさの秘密と、オードブルとの相性の良さについて学んでいきましょう。
ケータリングサービスの詳細はこちら

楽しい時間を邪魔しない

イギリスのファーストフードといえば、サンドウィッチとフィッシュ・アンド・チップスの2強になります。
その由来はとても有名ですよね。
サンドウィッチ伯爵という人物が、トランプをしながら食べられる料理として、
パンに色々な具材を挟んだことから始まりました。
このエピソードからも、サンドウィッチがオードブルとして有能であることが窺えます。
食事も大切だけど、友人とカードゲームをしている時間を割くのは惜しい。
それなら、両立させてしまう料理を考えよう。
コミュニケーションの場でサンドウィッチが軽食として好まれるのは、至極当然なのです。
イギリス風のサンドウィッチは、小さくて厚みも無く、サッと口に運べる手軽さが特徴です。
パンも具材もボリュームたっぷりなアメリカのものよりも、食べやすさを重視しているのです。
フィッシュ・アンド・チップスは、イギリス人のソウルフードといっても良い料理です。
具体的には、カレイやタラに近い白身魚をたっぷりの衣であげたフライと、太めにカットされたフレンチフライのセットのことを表します。
衣の独特の風味は、ビールの1種であるエールという飲み物が引き出しているのです。
ディナーの際にナイフとフォークを使って食べることもあれば、屋台で売られているものを歩きながら食べてしまう人も珍しくないのです。
時と場所に関係なく楽しめる手軽さが、フィッシュ・アンド・チップスの愛され続ける要因なのでしょう。
オードブルとして楽しむ場合は、宅配で頼むよりもケータリングの方をオススメします。

なぜなら、揚げたてが1番美味しいからです。
 

 

シェフの作る様子を間近で見るというイベントを挟むことで、パーティーが一層盛り上がることでしょう。

更新履歴